RYT200-top

どこで学ぶかで卒業後が変わる?RYT200は重要なトレーニング

現在の日本で一番浸透しているヨガの資格。それが全米ヨガアライアンスが発行している”RYT200”です。国内ではさまざまなスタジオがトレーニングを開催しています。選択肢は国内に留まらず、海外で行われるトレーニングに参加する方も少なくありません。

RYT200の”200”は200時間を意味します。もともとヨガ指導者のレベルを一定の基準にしようと設けられました。長い時間のトレーニングを経て発行されます。その経験は卒業後にヨガを学ぶ上でも教える上でも、大変重要な基盤を築くものとなります。

自分はどのトレーニングで学ぶのがベストなのか?をしっかり納得してから、決めたいものですね。

それぞれのコースで学べるヨガは違う

”RYT200”という同じ資格が取得できるトレーニングですが、スタジオによりその内容は様々です。開催するためには全米ヨガアライアンスからプログラムの承認が必要です。全米ヨガアライアンスが提示している内容と時間は以下の通りです。

1. ヨガ実践スキル 100時間
2. 指導方法 25時間
3. ヨガ解剖学 20時間
4. ヨガ指導者のためのヨガ哲学,生活,倫理 30時間
5. 実務演習 10時間

(残りの時間に関しては、主催者側の自由裁量ということになっています。)

何を何時間行うかが決まっていて、どんな流派をどんな先生が教えるのかは、それぞれのスタジオやスクールに委ねられているのです。

内容もさることながら、トレーニング自体の形態も比較的スタジオが自由に決められます。短期集中型なのか、長期に渡るものなのかも様々です。



長期と短期、それぞれのメリットとは

ryt01
長期のものか、短期のものか?が、トレーニングを選ぶ1つの基準になると思います。短期のコースは例えば、3週間海外で!など週に5日間集中的に学んで約1ヶ月でRYT200を取得できるものを指します。長期のものは週に一度通い、そのサイクルを半年続けるようなものです。それぞれの特徴をまとめてみました。

短期のトレーニングの特徴

・集中的に学習できる
・通いやすい
・(留学であれば)海外の文化にも触れられる
・毎日ヨガの学びが深まるのを実感できる
・ヨガが中心の日々を送ることができる

長期のトレーニングの特徴

・仕事を続けながら通うことができる
・学んだことをしっかりと自分の練習に落とし込むことができる
・予習・復習の時間がしっかり取れる
・ヨガ哲学の思想が日常生活に反映されるのを実感できる

自分が誰からどんなヨガを学びたいかをはっきりさせよう

ryt03
受講する前に、自分がトレーニングを通じて何を身につけたいのか?をしっかりと考えてみましょう。RYT200を取得したい一心で、つい通い易さを重視してしまう人いるかと思います。

しかし、ヨガの本質をしっかりと理解するには通い易さだけを重視するのではなく、誰から何を学べるのか?をはっきりさせましょう。自分がどんなことを学びたいのかの”本質”の部分が見えてくると、どのトレーニングを受ければいいか絞られてくると思います。



RYT200ヨガ指導者養成講座のご案内

genetヨガの本質をしっかり学びたい!というかたへ
一流の講師陣から学ぶ!『RYT200ヨガ指導者養成講座』

■東京平日コース:1月30日(水)開講
一流の講師陣から学ぶ!ヨガビジネス講座まで含まれた充実のプログラムです。
講座の詳細はコチラ⇒⇒


28-sanghawaiiハワイでRYT200を取得したい!というかたへ
メイン講師はヨーコ・フジワラ『Sangawaii|サンガワイ』
ハワイ・オアフ島にて開催

ヨガアライアンス(RYT200)を取得できる日本でもポピュラーなヨガのスタイルであるアシュタンガヨガが学べます。メイン講師はヨーコ・フジワラ。ヨガ的ライフスタイルを実践します。
講座の詳細はコチラ⇒⇒


  • このエントリーをはてなブックマークに追加